家作りについて

家作りについて

安心・快適の工法

POINT 01

材料は全て乾燥材。施工後の変形を防止。

柱材は全て乾燥材を標準として、施工後の変形や狂いを防止しています。又、力がよりかかる通し柱には1サイズアップの四寸柱を使用します。

POINT 02

オリジナルべた基礎工法

通常の1.25倍の幅とコーナーにも補強を入れた強固なべた基礎が標準装備です。
また全棟について第3者機関による配筋検査も実施。
見えなくなってしまうところだからこそ気を配っています。

POINT 03

ストロング剛床工法

28mmの剛床は1階・2階とも標準装備。
床の厚みはなんと2重構造の床厚40mmが標準です。

POINT 04

棟梁による洗練された施工

腕自慢の棟梁による洗練された施工。
全ての住宅を棟梁が心をこめて仕上げます。

POINT 05

外壁通気工法

外壁仕上材の裏に15mmの隙間を作り、空気の流れ(上昇気流)を起こす事で、断熱効果をアップさせます。さらに、壁の中の湿気を排出する事も出来て、耐久性アップにもつながっています。

POINT 06

オールペアガラス Low-eガラス

※Low-eガラスはくつろ木の家シリーズのみ標準
結露防止、遮音性に優れるうえ、遮熱・断熱にも効果を発揮します。

POINT 07

フリーモジュール対応可

標準は尺間モジュールですが、ご要望に応じ中間間・メーターモジュールにも対応します。(モジュール変更はオプションとなります)

POINT 08

24時間換気システム

24時間換気システムでシックハウス対策も万全です。

POINT 09

土台は全てヒノキ材

土台周りは全て、湿気やシロアリに強いヒノキ材で構成しています。
床下の換気は基礎パッキン工法による全周換気。基礎を高めに設計することで、
点検も高い精度で行うことができます。全棟にシロアリ保証を発行しています。

POINT 10

安心の耐震パネル工法

外壁は耐震パネルと全面に貼り、壁全体で地震の揺れからマイホームを守ります。従来の筋交い工法より強く、さらに気密性のアップも図れます。

POINT 11

安心の地盤調査

着工前には専門業者によって地盤強度調査を行い、10年間保証します。
※10年保証は保障機構指定の地盤耐力を確保する事が条件になります。

このページの先頭へ