家作りについて

家作りについて

資金計画

しっかりとした資金計画を

明確化出来ていないマイホームの資金計画を一緒につくります

マイホーム資金は、建物の建築費だけではないことを知らない人が大勢います。
また建築費以外に何かあることは分かっていても、それがどのくらいあって、どれだけの資金がかかるかは、ほとんどの方が知りません。
私たちが人生で一番の大きな買い物がマイホームです。
その資金の中身が不透明というのが残念ながら現在の現実です。
でも、これは仕方ないことなんです。
マイホームというのは、いろんな専門職が集まり、それぞれの部門の仕事をし・・・と、コンビニで商品を買うのとはわけが違います。
私たちは、幸せなマイホームライフをご提案するという立場から、まずは、資金計画をしっかりとお客様とお話ししながら作っていきます。
これは、一番大事なところでもあり、順序よく行かないと意味もなく時間だけ過ぎてしまいがちなところでもあります。
しっかりした計画と、当社の持つ全国組織のネットワークで、住宅ローンのサポートまでしっかりと行います。

人生を豊かにする資金計画

家なんて建てなければよかった  
3年後のあなたが後悔しています!

人生で一番高い買い物は「家」ではありません。

今回、家づくりを検討している方に、どうしても知っておいていただきたいことがあります。
その知っておいて欲しいこととは・・・
今、家づくりで後悔している人が後を絶たないという事実です。
なぜ、家づくりで後悔をしてしまうのか!? と言うと、家づくりで重要視すべきポイントを間違えてしまっているからなのです。

家作りを検討している人のほとんどが、人生で一番高い買い物は「家」だと思っています。
しかし、人生で一番高い買い物は「家」ではないのです。
その答えは、「住宅ローン」なのです。なぜなら、例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの人が住宅ローンを組みます。ローンの組み方によっては、3,000万の家が5,000万になる人、あるいは6,000万になる人、場合によってはそれ以上になってしまう人が存在するからなのです。

例えば、3,000万円の住宅を金利3%(全期間固定)35年のローンを組めば、その返済総額は、48,491,100円になります。
仮に同じケースで金利がたった1%上昇しただけで、その返済総額は55,789,440円になります。


その返済総額の差は、何と7,298,340円にもなるのです。


このことを踏まえれば、人生で一番高い買い物は「家」ではなく、「住宅ローン」であることがご理解いただけると思います。

結論:家作りで重要視すべきポイントは、きちんとした資金計画を立て、家作りで後悔しないために“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。
もし、「住宅ローンで失敗したくない」とお考えのあなたは、以下の問い合わせホームに今すぐアクセスしてください。必ずあなたの家作りに役立つ情報をお届けします。


資金の事

家づくりを始めようと思ったとき、まず最初に気になるのはお金のことではないでしょうか?
ほとんどの人にとって家づくりは初めての経験です。実際にかかる費用はいくらだろう?自己資金はどれくらい必要なんだろう?住宅ローン?税金?などなど、分からないことだらけだと思います。

だからと言って、家づくりをあきらめないで下さい!

家づくりとは大きな買い物ですので、お客様にあった正確な資金計画が必要になります。

家づくりにまつわる2つのポイント

■ポイント1「家づくりに必要な資金」
土地の費用→土地代、登記費用、税金、仲介手数料
家づくりの費用→本体工事費(解体費・地盤改良工事費・外構工事費・給排水など)、設計料
その他費用→ローン諸経費、火災保険、登記費用、税金、引越費、仮住まい費用

■ポイト2「家づくりの資金調達」
自己資金→お客様がご用意できる資金のことです。当社では自己資金がなくても住宅ローンを組める方法があるんです!詳しくは「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」をご覧ください。

住宅ローン→銀行などから借り入れをする資金のことです。現在、住宅ローンは数千種類もあり、どれを選ぶかによっても返済金額が大きく上下します。詳しくは「なぜ?私たちはローンが組めないの!?」をご覧ください。

もし、「資金計画で失敗したくない」と思われる方はぜひ当社にお問い合わせ下さい。

必ずあなたの家づくりに役立つ情報をお伝えします。

このページの先頭へ